田舎暮らし体験

> 体験ハウス > 木曽町 > 社木(やしらき)1号棟

社木(やしらき)1号棟

「板倉工法」とは、日本古来の神社、穀物倉庫に用いられてきた木造建築技術です。
柱と柱の間に厚板を落としこんで壁を作ります。
耐久性があり、増改築がしやすく、解体再利用が可能な建築様式です。

所在地 木曽町新開127番地267
間取り 3LDK(和室×2 洋室6畳)
土地 宅地/山林 3,899㎡
建物

〇床面積111,21㎡(1階 64.84㎡ 2階 46.37㎡) 〇木造2階

築年数 平成4年
諸費用(年額) 固定資産税
設備

〇電気/中部電力 〇ガス/プロパン 〇水道/町営 〇トイレ/水洗
〇排水/下水道接続 〇暖炉あり 〇駐車場/有(3台)

TOP