大好きな昆虫とふれあえる日々

本田 真士さん

東京都八王子市→上松町
職業 (一社)上松町観光協会 勤務

Q.移住のきっかけはなんですか

生物が大好きで、大学、大学院ではスズメバチを研究しました。何回か長野県に来るうち、長野県の役に立ちたいという思いが芽生え、都内での地域おこし協力隊を紹介する催しへ。長野県のブースを手当たり次第訪ねた中、上松町だけが生物を絡めた観光振興にかかわる説明をしていたため、興味を持ち、応募して採用され、移住しました。

Q.どんな仕事をしていますか

観光案内や、観光イベントの企画・実施です。具体的に一例を挙げると、昆虫観察会や危険生物とのつきあい方などが楽しく学べる親子対象のセミナーは、夏休みのシーズンなどに行っています。昆虫観察会は上松町以外からの参加も多いですね。関連して、最近は地元の小学校の部活動の講師を頼まれたりもします。

上松町観光協会に就職できたので、ほかの職員と一緒に町内を回っているうちに顔を覚えてもらえ、スムーズに地域に溶け込めたと思います。また、住んでいる地区が、わたしと同じように移住してきた人が多い地区だったことも幸いしました。

Q.不便に感じることはありますか

マイカーを所有していませんが、困ってはいません。以前は持っていたのですが、乗る機会がないので手放してしまいました。上松町内にはスーパーもあるし、今はインターネットで買い物もできるので、生活に対する不便は感じません。

Q.これから移住を考えている方へ

上松町では、東京では見られない虫や鳥が、散歩しているだけで見つけられます。学生時代に研究していた虫や鳥が、すぐそこにいるのは感動ものです。休日には、町内を歩いて虫を見つけたり、バードウォッチングをしたりして楽しんでいます。この町は、自然が好きな人には〝完璧な所〟だと思います。

おすすめヒトビト

ALL
TOP