焼菓子工房を開くことを目的に来ました!

甲斐 有二さん

北海道新冠町→木曽町
職業 焼菓子工房 もみの木 代表

木曽町に移住したきっかけを教えてください

北海道に24年ほど住んでいましたが気管支が弱かったので、もう少し過ごしやすい場所への移住を考えるようになりました。実は10年ほど前にも移住を考えて駒ヶ根市を見学したことがあり、長野県のイメージがすごく良かったので、県内で物件を探しました。その時にこの一軒家に出会い、ここでなら工房を始められると思いました。

住んでみると意外に風が強くて驚きましたが、周りの山の木々がきれいで四季を通して癒されています。

焼菓子工房はすぐにオープンしたのでしょうか?

はい、2018年4月にこちらに来て11月にはオープンできました。北海道ではペンションでパンとお菓子を担当したり、レストランのコック長をしていました。喫茶店を開いていたこともあり、そこで出していたチーズケーキがお客さんから大好評で・・・。このチーズケーキで勝負しようと思ったんです。国産100%のクリームチーズでこだわって作っております!

オープンは大変でしたか?

店を始める前に、開田高原でパン屋を開いている移住者の方たちに開店当時や現在の様子を聞きに行きました。最初から焼菓子工房一本でいくより、違う仕事をしながら徐々に商品を知ってもらった方がいいとアドバイスを受けました。そこで店舗販売をせずに、土日にだけチーズケーキを焼いて注文販売することにしました。工房は自分で手作りしたんですよ。

趣味はなんですか?

ギターの弾き語りです。ギターは高校生の頃から40年ほど弾いています。北海道でも歌うケーキ職人として(笑)、ライブハウスで年に5、6回ライブを行っていました。こちらでも、ぜひまたやりたいですね!

これから移住を考えている方へ

目的があれば大丈夫です。そこに移住して何をしたいのか、目的さえはっきりしていれば、どこへ行ってもうまくいきます。あとは地道なリサーチも役に立ちます。先輩たちにいろいろ聞くと参考になりますよ。

私の今後の目標はパンの販売。町の方々にぜひ食べていただきたいですね。

おすすめヒトビト

ALL
TOP