#しごと

> しごと > 南木曽発条株式会社

南木曽発条株式会社

 » 

主力製品は精密性、耐久性が最も必要とされる車のエンジンやブレーキなどに使われる“ばね”。
「昨日よりも良い品で社会に奉仕する」を社是に掲げ、高品質な製品づくりで日本のものづくりを支えています。

社名南木曽発条株式会社
本社所在地長野県木曽郡南木曽町読書字川向2820
従業員数280名
代表取締役相羽 史雄 安井 隆幸
創立昭和55年(1980年)
資本金5,000万円
事業内容自動車用小物ばねの製造
製造品目引張ばね・ねじりばね・圧縮ばね
TEL0264-57-2500
FAX0264-57-3316
企業サイトhttp://nagiso-hatsujo.co.jp/
代表取締役社長 安井 隆幸さん
出身 岐阜県中津川市
在住 南木曽町

会社の強みやこだわりを教えてください

『企業は人なり』。まずは人財の育成に継続的に取り組み、豊かな人づくりを最優先に行っています。工場は、クリーンな環境と管理された工程の維持を心がけ、お客様の信頼に応えるべく、独自の技術力と高品質なばねづくりを追求しています。

どんな製品を作っていますか

1980年の創業以来、自動車のエンジンやABS、ブレーキなどに使われるばね製造に特化した事業を展開しています。現在は、毎日400万個のばねを生産しています。

社長ご自身について教えてください

入社以来ばねづくりに携わり、製造部門を担当してきました。何をやるにもすべてゼロからのスタートで大変苦労しましたが、結果、それが良い経験となり、今になっても何かと役立っています。木曽の豊かな自然が大好きで、趣味の渓流釣りや山菜とりをしたり、天気がいい日は、バイクでツーリングに出かけて季節を肌で感じています。

南木曽町の魅力、感じていることを教えてください

都会の生活と比べ、決して物質的な豊かさを感じられる生活ではありませんが、自然豊かな南木曽町や近隣町村で生まれ育った人たちは、そのことを悲観的には感じていないような気がします。人と人とがつながり、同じ目標に向かって行動することで得られる達成感を共有する、そんな文化が地域社会全体に根付いているのかもしれません。

会社の目指すものや今後のビジョンを教えてください

企業理念は「新たな価値を創造し人間性豊かな企業づくりを目指す」です。先をしっかり見据え、今まで培った経験を活かしながら知恵と工夫を一層発揮し、次世代につながるものづくりに努めることが、地域社会への貢献にも結びつくと考えています。

吉村 光邦さん
入社18年
出身 岐阜県中津川市

入社したきっかけはなんですか

中津川市で自動車の製造関係の仕事をしていたのですが、中途採用で南木曽発条に入社しました。高校は南木曽町でした。南木曽発条で働いている友人が紹介してくれたこともあり、ゆかりがあると思い、入社を決めました。

仕事はどのようなことをされていますか

ばねの製造に携わっています。また、班長として周囲のとりまとめなどもしています。

移住したいと考えている方にメッセージをお願いします

自分の作った部品が自動車に使われるので、自動車が好きな人にはおもしろい仕事だと思います。きれいな環境で、人も良い職場なので働きやすいです。自然の中で生活し、仕事ができるのも魅力です。

TOP